ADHDの金銭管理

空と雲 ADHD活用術

ADHDの要素である衝動性で買い物をしたい欲望に負けてしまい、給料と見合わない額の商品を購入してしまい、失敗したこともありました。また、記憶能力が低いため、同じ商品を何度も購入してしまうというような失敗も経験しました。

そんな私の金銭管理について紹介したいと思います。


クレジットカードでポイント獲得

普通に考えたら、クレジットカードという魔法のカードで商品を購入するのは危険だという人も一定数いると思います。しかし、クレジットを正しく使用することで現金決済では得られないポイントが手に入ります!

高還元率のカード(100円で1P)を使用するとかなり溜まります。
一人暮らしの時の私は水道光熱費・通信費・家賃など全ての支払いをクレジットカードで支払っていました。
毎月10万円は、クレジットカードを使っていたので毎月1000円分のポイントを獲得していました。1年にすると1万円以上お得に使用できます!

クレジットカードの管理

私のクレジットカードの枚数は1枚です。このクレジットカード以外は基本的に使用しません。強いて、現金を使用するときはクレジットカードが使用できない飲食店以外でしか使用しませんでした。
また、クレジットカードの使用した金額はスマホで確認できるので、1週間に1回は必ずクレジットカードで使用した金額を確認しています。私は基本的にクレジットカード決済以外しませんので、金銭を管理しやすいです。家計簿アプリを使用しないで、クレジットカードの使用履歴で今月の出費と過去の出費を比較することが出来るので金銭管理が苦手な私にはかなり助かっています。
また、私は手元に現金があるとなぜかお金を使用したくなります。財布には現金は最低限しか入れないようにしています。

クレジットカードのデメリット

クレジットカードの機能にリボ払い・分割払い・キャッシング等の機能があります。この機能は使用してしまうとかなり損なので、使用できないようにしましょう。
例として、リボ払い・分割払いには高い利息が付きます。利息を払うのはもったいないので、使用しないで下さい。
クレジットカードをなくしてしまうと悪用される恐れがあるのでクレジットカードの管理には最新の注意を支払ってください。私は心配性なので、家に帰宅するとクレジットカードが財布の中に入っているか毎回確認しています。

買い物をする際は一度考えること

私はスーパーやドラックストア等で買い物をする際は、メモに取ったもの以外は購入しないようにしています。例外として、50%オフや見切り品は購入してしまうことはありますが、それ以外は一切購入しません。

私はADHDの個性である衝動性の要素があるので、色々な物を購入したくなります。なので、メモに記載していないものは購入しないようになるとお金が自然と溜まるようになりました。そして、私の悩みであった同じ物の購入もなくなったので悩みがなくなりました。



あとがき

クレジットカードは便利な反面、使いすぎてしまうリスクがあります。
きちんとした管理方法を見つけることで、生活が豊かになるので自分にあった管理方法を模索してみるのもお勧めです。

最期まで読んで頂き、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました