ADHDの方は注意 依存性のあるものはほどほどに part1

紫色×文字 ADHD活用術

私を含めたADHDの方の中で、依存性のあるもので苦労している方も多くいると思います。
今回は私が依存したものを紹介したいと思います。これを読んでいる方で依存したものを私に教えてもらえると嬉しいです。特に意味はありませんが・・・
依存で悩んでいる方も多いと思いますので少しでも参考になれば幸いです。

それでは本編へどうぞ。

 

ADHDと依存性について

これは、私が通っていた精神病院の主治医から言われたことです。ADHDの方は普通の人に比べて3倍程度の依存性のあるものに依存しやすいそうです。理由は専門用語が羅列した説明を主治医から受けたのでわかりません(´;ω;`)インターネットで調べましたが、科学的な根拠はないとのことでした。
依存しているからといっていきなりやめることはできないので、少しずつ量を減らしていき、時間をかけて直していきました。

私もいくつかの物に依存していました。順に紹介していきます。

ミンティアやフリスク等のタブレット菓子

ミンティアやフリスクなどのタブレット菓子に私が手を出した理由は食後のお口直しです。私自身、味付けが濃い料理やニンニクをふんだんに入れたラーメンが大好きでした。食後にすっきりしたいと思い手を出しました。初めはミント味しか口にしませんでしたが、様々なフレーバーがあることに気が付き、そこから新商品が出たら購入するレベルでした。次第に大学の講義で眠たくなったり、煙草を吸うような感覚で食べていました(煙草は吸ったことはありません)。1週間で、50粒入っているミンティアを5つほど消費していました。大学の友人からは、

さすがに食べ過ぎ・講義中に食べるなよ

等言われてました。確かにあの頃は、食べ過ぎていたと思います(^^)/
精神病院でタブレット菓子に依存していることを指摘して頂き、タブレット菓子を少しずつ減らすことを主治医からアドバイスを頂きました。私はタブレット菓子を食べたくなったら、お水を飲むことにしました。お水は人間の体に不可欠であり、健康にも良いので一石二鳥でした。
今では1週間に 50粒入っているミンティアを1つも消費しなくなったので良かったです。

 

アルコール

私は前職での人間関係・サービス残業に疲れて果ててしまい、出勤することが嫌過ぎて睡眠することが怖くなりました。その時に出会ったのがアルコールです。私はもともとアルコールが苦手です。ビールやウィスキーに美味しさを見いだせていませんでした。睡眠することで明日も仕事に行かないと行けない・しかし、寝ないと仕事に集中することができない状態でした。そんな時に、缶ビールに手を伸ばし、ビールを飲んでから布団に入るとすぐに寝られるようになりました。そこから、私はお酒を嗜むようになりました。お風呂につかりながら、ストロングゼロを2缶飲んで布団に入るのがルーティンになっていました。仕事を辞めてからは、アルコールに頼らずに寝られるようになったので良かったです。主治医からは

アルコール依存症になる前で良かった

と言ってもらい、依存しなくなって良かったです。
原因は仕事に対するストレスの発散方法がアルコールだったので、仕事というストレスがなくなったので、現在はアルコールをまったく飲まなくなりました。健康的な生活に戻れてよかったです。

エナジードリンク

エナジードリンクは、学生の頃からテスト期間前やレポートの提出前の作業で飲む程度でした。これも前職の職場にどうしても行くことが憂鬱で、朝にエナジードリンクを飲んでから出勤していました。エナジードリンクを飲んでから出勤するとマリオでいう「スター状態」に近い状態になります。職場でもエナジードリンクを1本飲んでいたので、かなりの重症でしたね。前職を退職してからは、簿記2級の試験前には1日1本のルールで飲んでいましたが、エナジードリンクがないと勉強ができないというほどではなかったです。
ちなみに私が一番好きなエナジードリンクは「モンスターのピンク色」です。普段は、安い「サバイバーエナジードリンク」を飲んでいます。
エナジードリンクに関しても基本的に1週間に1本しか飲まないというマイルールを作成しました。宅建の試験が近くなれば、少し量が増えると思いますが・・・
現在はエナジードリンクを箱買いすることもなくなり、必要になったら購入するようになったので良かったです。

体調の変化

上記の依存により体重が1年で約10キロ太ってしまいました。少しの運動で疲れやすくなったり、アルコール・エナジードリンクを箱買いしないと不安でたまらなかったので、お金の消費も多くなりました。アルコール・エナジードリンクは適量を守れば、体に害はないので上記の私が依存したものが好きな方は心配しなくても大丈夫です。

現在は、規則正しい生活・栄養が整った食事・睡眠時間の統一することで体の調子が良くなりました。体重は落ちませんが(´;ω;`)

あとがき

依存体質なのは、私を含めたADHDの方の悩みだと思います。いきなりやめるのではなく、少しずつ量を減らし、時間をかけて直していきましょう。体に良いものは依存して大丈夫かもしれませんがほどほどにお願いします。

ちなみに私はパチンコと煙草はしたことがないです。パチンコは熱くなりやすい性格とうるさいところが苦手なのでしなかったです。行きたいと思ったこともありませんでした。
煙草に関しては、値段が高い点と匂いが好きじゃないのでしなかったです。
個人的にココアシガレットで十分です(^_-)-☆

もし、この2つにはまっていれば、大変でした。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

笑顔の男性

コメント

タイトルとURLをコピーしました