ADHDの私の持ち物管理方法!

白色×水色 ADHD活用術

今回はADHDの私の持ち物管理方法を紹介したいと思います。
ADHDの方は共感すると思いますが、私物が良く紛失します。
必要な時に出てこなくて、必要じゃない時や再度、購入した時に限って無くした物が出てきます。
無駄な出費ですよね(´;ω;`)
それでは本編スタート!

なぜ物をなくすのか?

私もよく眼鏡・財布・スマホはよくなくします。私の解釈では、興味関心が移り、前の記憶が消去されてしまいます。

私の実例を話すと、資格試験に向けて勉強していたら、急に漫画読みたくなったり、漫画を読んでいるとお腹がすき、インスタントラーメンを食べて、満足して寝てしまうこともしばしばあります。結論として当初の勉強が全くできなかったです(´;ω;`)

→私は興味の対象が瞬間的に変化しています!

私の精神科の主治医からは、ADHDの方はワーキングメモリーという脳に記憶をとどめておくキャパシティーが通常の人に比べて領域が狭いそうです。簡潔に言うと、ADHDの人が記憶にとどめておくスペースが小さいということです。今回は机であてはめてみます。ADHDの私は机が小さいので、次から次へと記憶していくと前に記憶していたスペースからはみ出してしまい、結果忘れてしまいます。

→対応使用がないじゃないですか???

→足りない頭でも考えて行動すれば、少し緩和されます。

物をなくさない方法

私が実際に実践している方法です。

確認を行うこと。

私自身、財布をスーパーマーケットや病院で忘れることがたびたびありました。運がよく、財布は見つかりますが、無くした時は、ハラハラします。財布の中には、身分証明書等の個人情報があるので無くすと大変です。そこで、私は、買い物等で財布を使用した時に、店舗を出る前に財布の有無を確認するようにしています。これをするようにしてからは財布を置き忘れることがなくなりました。これは我ながら、画期的な案だと思いますので、財布を無くす人は試しにやってみて下さい。習慣化すると、頭で考える前に実践できるのでおすすめです。

置く場所を決めること

置く場所を決めることで、無くし物は減ります。私は、スマホは充電ケーブルの近くか机の上に置くようにしています。財布は、私が日常的に持ち運ぶ鞄の中に入れています。当たり前ですが、置く場所を決めれば無くし物は減ります。

しかし、私はどうしても眼鏡の位置が決まりません。その理由としてお風呂に行くときは洗面台に置き、コンタクトレンズをするときはケースに入れたり等様々に置く場所が変化するので眼鏡は諦めました。コンタクトレンズや予備の眼鏡で代用できるのでなんとかなります。

仕事においては、仕事に必要な書類や重要な書類は重要ボックスを作ってそこに置くようにしていました。そうすることで、ボックスの中を見れば、一目瞭然です。これはかなり良かったです。それ以外は、各項目ごとにわけてファイルに閉じていました。たぶん当たり前のことですが・・・私が良いなら良いということで「OK」ですね

物の優先順位を決めること

私の中で無くしたらダメなものは、財布とスマホです。それ以外は無くしても良いとしています。但し、眼鏡は中間です。眼鏡は高価ですし、日常的にも使用するので。

私は完璧な人間ではないです。

完璧な人間なんていません。

なので、諦めました。時には諦めも肝心です。これに関しては仕方がないです。

気楽に生きましょう。

あとがき

こんな感じで私は物を管理しています。

参考になるかどうかわかりませんが・・・

問題の眼鏡の置き場は現在進行形で悩んでいますので、解決案があれば教えてもらえると幸いです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました