ADHDの私のポジティブシンキング

オレンジ色×ピンク色×白 ADHD活用術

ADHDの私は失敗することが多い・物覚えが悪い・さらに手先も不器用です。以前は、私自身を責めることが多く、ネガティブな思考を常に持っていました。そんな私のポジティブシンキング方法を教えます。完全に私の独学ですので参考になるかわかりませんが参考にしてもらえると嬉しいです。

ポジティブシンキングとは

簡潔に言うと、なんでも前向きに物事を考えれば、それが実現し、人生はうまくいくという考え方のことです。ネガティブな思考を捨て、ポジティブな考えを持って行動すれば、うまくいくみたいな感じの意味です。

他人と比較するのは辞めた

私自身、昔から他人と比較して一喜一憂していました。あの子は、私より頭が良くて、絵もうまいうえに、女の子からモテてうらやましいなぁー。それに比べて私は走るのが速いのと声が人以上に大きいだけ・・・みたいな思考で生活していました。

他人と比較することで私自身のできないことや足りないことによる劣等感を頂いて生きていました。

その後、ADHDと診断が下りた時は、診断が出た納得感とこれから先の人生をどう送ればよいか不安が入り混じた変な感情が芽生えました。様々な考えが頭の中を駆け巡り、たくさん悩みました。

一つの結論が出ました。それは、私の人生の物語の主人公は「」なんだ。

他人の評価よりも私自身の評価を大事にすれば良いということに気が付きました。

それからは私自身と向き合い、私という「」という原石を磨き、大きく光り輝く「」を育てることに尽力を注ぎました。

」を育てる方法はまだ私自身も模索している段階です。資格試験の勉強で専門知識を身に付けたり、運動や筋トレで見た目を良くしたり、心理学の勉強をして他者心理を学ぶ等のいろいろなことに挑戦しています。このブログも「」を磨く行為です。

他人に目を向けなくなってから、私自身に時間をかけることが増え、1日1日の成長を感じています。これから、私の「」をどう進化させるかの妄想をすると、ワクワクします。

伸びしろしかない

私自身、苦手なことやできないことが多いです。言い換えると、伸びしろしかありませんよね?これからできることが増えれば、その分、私自身を成長させることができます。また、私の個性であるADHDは他の人と比べて着眼点が異なるので、新たな発見やADHDじゃない人が考えられないような案を出すことが出来ます。ただ現在は、私の案や発見をアウトプットすることはできません。社会人経験不足や人生経験不足などが挙げられます。様々な経験を積んで、私の頭の中に眠る案を再現していけるように日々努力しています。

リスクを恐れないチャレンジャー

私は失敗することがもう怖くありません。失敗体験なんて数えきれないほどあります。逆に今ここで挑戦しないと後悔すると思ったら、後先考えず行動します。これも私に個性のADHDの衝動性に部分が影響していると分析しています。物事はとりあえず行動しないと何も発生しません。例え、失敗したとして、「なぜ失敗したのか?・何が足りなかったのか?」等の原因分析を行うようにしています。同じ失敗を繰り返さないように対応策を考えています。

私の好きな言葉は「失敗は成功の元」です。チャレンジしない人は失敗しませんよね?たくさん失敗して悔し涙を流して、私は次の階段を上っていきます。

あとがき

こんな感じでかなり痛い人間ですw

短所は長所の裏返しだと考えているので、物は考えようですね。

私の周囲の人にこのことを言うと変人扱いされますので、私の胸の中で留めています。

私のリベンジはここからだ。」と本気で思っています。

少しでも、ADHDで悩んでいる方等の力になりたいですし、私も他の方の頑張りを見てインスピレーションを感じたいです。

最期まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました