ADHDの私 散髪が苦手なんです

散髪している男性 ADHD体験記

最近は、天気が悪いですね。雨の日の運転は視界が悪いので、より慎重に運転します。

今日の思いをつぶやきました。下記から本編です。

①散髪が苦手な理由

・自分の顔とにらめっこ状態になること

→なんかむずがゆい感じがする。後は自分の顔があんまり好きではないから。

・ハサミの切る音や自分の髪の毛が落ちる音が苦手

→私自身が音に敏感だからかなぁー。少しの音に過剰に反応してしまう。

・散髪中に会話されると、髪を切られることと床屋の店主と話さないといけないので、頭の中がせわしくなる。

・散髪中に体を動かすことができないので、拘束されているような気分になり、テンションが下がります。

私の調べによると、この症状は、ADHDの「衝動性」が影響していると思ってます。

②私の対応方法

  • 何も考えず、目をつむります。そうすると心が軽くなり、安心して散髪してもらえることができます。理由はわかりませんが、落ち着きます。幼少期から散髪が苦手で小刻みの動いてしまい、店員さんに迷惑をかけてしまいました。この場を借りて謝罪させて下さい。
  • すみませんでした。ただ、目をつむっているので、自分の髪型の状況がわからないので少し不安になります。これがこの方法のデメリットですね。

③美容院より1000円カットの方がいい

これは、私の主観です。美容院を否定しているわけではありません。

美容院はおしゃれな雰囲気で、美容師の方は散髪中によく声をかけてくれます。普通の人ならうれしいかもしれませんが、私には少し大変です。同時に複数のことはできますが、かなり力を消費してしまいます。終わった後にどっと疲れます。

それに比べて、1000円カットは回転率を重視しており、散髪にかかる時間が短時間な上、店員の方から積極的に話しかけられることがないので楽です。

④皆さんはどうですか?

ADHDやASDの特性を持ってる方はどうですか?

共感できますか?

皆さんの声が聴いてみたいので、教えて欲しいです。

⑤まとめ

私は極力散髪をしないようにするために、短めに切ります。そして、私が通う1000円カットの会員カードに散髪内容が記載されているので、店員との会話は「髪型はいつも通りで。」の言葉と散髪終わりの「ありがとうございます。」の二言と会計時に会話するだけです。

今通っている1000円カットは私にとって相性がとても良いです。

これからもお世話になります。

本日は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました